ジャンルの多様化している自動車

現在は自動車のジャンルが多様化の兆候を見せているのではないかと考えられています。こうしたジャンルの多様化が進行することに伴い、新しく車を購入する人からは、自分の希望する車を手にすることのできる可能性が高まると認識されるのではないでしょうか。これまでになかった、ニュータイプの車も複数のメーカーから作られる動きが見受けられるものとなってきており、その動きも関心を集めつつあるとされています。
以前から一定の支持を獲得している軽自動車やコンパクトカー、セダンなどは、現在でも需要の高い状況が続いています。それに加えて、最近ではSUVやクロカンなどの自動車も台頭してきており、ファミリー層などからの需要を一気に集めるモデルとして挙げられるのではないでしょうか。このような多彩なジャンルの自動車が販売される状態は、日本をはじめとする多くのエリアで確認されており、車に乗りたいと思う人のニーズを引き出すことにも関わっています。
このような自動車のジャンルが多様化する特徴は、これから更に如実に見受けられていく動向になるのではないかと予測されています。新たなタイプの自動車は、車を欲しいと希望する人の需要にマッチする可能性も高いと考えられており、その動きは概ね歓迎できるものとして認識されるのではないかと見込まれています。全国の多方面で、このような傾向が鮮明なものとして確認されていくのではないかと予測がなされています。

新たな車選びで学んだこと

車を選ぶ時、維持費などのコスト面を考えると、やはり燃費が良い方が良いと思います。
しかし、私は今までいろいろな車に乗ってきて、燃費が良い車は車体が軽いし、逆に燃費が悪くても車体やボデーがしっかりしていて、事故の時に安心だと思いました。

以前は燃費が悪くても安全性の方を重視していました。
そのため、維持費が高くても、軽自動車よりも普通車を選んでいました。

さらに国産よりも安全な外車を選んだこともありました。
車に長年乗っていると、どうしてもいろいろな欲が出てきてしまうものです。

自分の今の経済状態をしっかりと考えた上での決断なら良いのですが、私の場合はそれがかなり甘いこところがありました。

特に私が購入した外車は今まで廼っていた国産車とは違い、予想以上に維持費がかかってしまいました。
おそらくそういった予想外のメンテナンス費用がかかってしまったのは、単に運が悪かっただけなのかもしれません。

新たに車を購入する時、そうした維持費の面もきちんと考え、ある程度余裕を持った買い方をしたほうが良いと思いました。
そうでないと、本当に車貧乏になってしまうと思いました。

外車を購入した数年間は無料メンテナンスサービスが付いていたので良かったのですが、それ以降はそのサービス期間が終わって、メンテナンス費用がかなりかかるようになりました。

さらに運悪く、メンテナンスサービス期間が終わったと同時に、車のいろいろな部分が壊れてきました。
その為、予想外の大きな出費となってしまいました。

この苦い経験から、車選びは慎重に行いたいと、肝に銘じました。

私の憧れの車の購入体験談について

今から10年前の事です。社会人となり3年が過ぎた頃でした。学生時代とは異なり、それなりにお金も貯まっていました。そんな時に、学生時代からの憧れであったBMWに乗ってみたいと真剣に考えるようになりました。とは言ってもやはり新車を買える程の経済力もなかったので毎晩、インターネットの中古車サイトを見て、欲しい車種に良いものがないかを食い入るように見ていました。どうしても欲しかったのが、BMWの直6エンジンを搭載した車で3シリーズのクーペです。しかし、外車はやはりよく壊れるとか、もし壊れた時の修理費用が物凄く必要になると聞いていたので買って良いものかどうなのか悩む日々が続きました。そんな時、私の背中を押してくれたのが会社の先輩です。将来結婚してこどもが出来るとどうしても欲しい車にのれないよとアドバイスしてくれたのです。私はまずは試乗してみようと考え、インターネットで見た希望に近い車のあるBMWの中古車専門店に行くことにしたのです。そこには、写真で見るよりずっとかっこいい車がありました。そして、試乗してみて、悩みのあった私の心は一瞬にして購入する事に決めました。決断の理由は、あまりに素晴らしいエンジンフィールでした。さすが世界からシルキー6と絶賛されるエンジンだと思いました。それから約6年間乗り、子供が出来た事をきっかけにワンボックスカーに乗りかえました。渋々手放したのですが、私の中でキラキラと輝く思い出です。

想い出のベンツの路線バス

私は、現在は地方在住ですが、以前は大阪市内に住んでいました。大阪市内では、公共交通機関が便利で良かったのですが、バス、特に市バスの充実度については有難かったと思います。現在でこそ、民営化が進められている、大阪市交通局ですが、私が住んでいた頃は、バス路線の拡充も行われていて、比較的利用し易かったのも事実です。今回取り上げるのは、大阪市交通局の市バスです。私が住んでいた当時は、一般の路線バス以外に、ループバス(通称 赤バス)と呼ばれるバス路線がありました。市内で、今迄路線バスが運行されていなかった地区を中心に、小型のバスを走らせ、運賃も一般の路線バスが200円均一(消費税が5%の時代です)だったものを100円均一とし、他の路線バスや地下鉄、ニュートラムといった大阪市交通局の運営する交通機関に乗り継げば割引きになる制度もありました。本題は、この赤バスです。この赤バスは、2つのメーカーのものを使用しており、1社は国産メーカーのものでしたが、もう1社は、何とベンツのバスでした。他の路線バスには無く、当然、民間のバス会社では見られない、ベンツの路線バスが大阪市内で、しかも始発から終点まで乗っても、片道100円というのは、物凄く得をした気持ちになりました。赤バスは、その名の通り、車体が真っ赤に塗られており、非常に目立つ存在でしたが、その中でも、ベンツのバスは、フロントガラスの下にベンツのエンブレムが付いていて、思わず「凄い!」と唸りました。ドアは、横にスライドして開閉するもので、音も静かでしたが、室内は思った以上に屋根が高く見え、窓が比較的大きく感じられて開放感がありました。シートは、窓側に一人掛けの座席が並んでおり、最後部の座席は進行方向に向かって、横一列に一人掛けのシートが並べてあるといった構成でした。何時乗っても、満席になる程の乗車率ではなかったので、ゆったりとした時間が過ごせたのですが、こういった形でベンツに乗れるのは、他の地方では滅多に無いことですので、貴重な時間を過ごせたと思います。難波といった中心部の辺りでも見かけた方もいらっしゃると思いますが、残念ながら、この赤バスは、役目を終えたということで、ループバス路線全てが廃止となり、このベンツの赤バスも消えました。しかし、多くの人々に親しまれた赤バスは、多くの人々の記憶に残っていくと思います。

今までに所有した自動車

18歳で免許取得してから所有した車遍歴です。
グロリア・フェスティバ・シーマ・ADワゴン・ベンツ・アベニール・ウイングロード・ポルテ。
グロリアはボディーはブラックで屋根はレザーのホワイトという変わった車でした。
フェスティバは屋根をオープンでき、それが気持ち良かったのですが、4万キロという短命で調子が悪くなってしまいました。
シーマは初代で、乗り心地は最高でしたが、10万キロあたりでエンジンから煙が出てしまい、終わってしまいました。
ADワゴンはシーマの突然の引退で、その日の内に中古を飼いました。
ベンツは知り合いから譲り受けました。ドアミラーの調整はいかにもドイツと驚きました。
右側は電動で調整できますが、左側は手動でした。運転席から手が届くからという合理的な理由だそうです。
アベニールはなかなか使い勝手が良かったですね。ただ燃費はかなり悪かったです。
ウイングロードはあまりパッとしませんでした。これといった特徴がなかった気がします。
ポルテは現在の愛車ですが、なかなかいいですね。
車内がとにかく広くて、低床なので高齢者の乗り降りも楽。
難を言えば、エアコンの効きが悪い事(車内が広いため)、走行中の音がうるさいことくらいです。

色々な車を乗ってきましたが、自分なりの順位をつけてみたいと思います。
時代や自分の状態で一概に比較はできませんが。
ポルテ、フェスティバ、シーマといった順位ですね。
ポルテがダメになったら次はどうしようかと悩んでいます。
車高が高く、燃費が良くて、低床の車。
何がいいのかなぁ・・・。