新たな車選びで学んだこと

車を選ぶ時、維持費などのコスト面を考えると、やはり燃費が良い方が良いと思います。
しかし、私は今までいろいろな車に乗ってきて、燃費が良い車は車体が軽いし、逆に燃費が悪くても車体やボデーがしっかりしていて、事故の時に安心だと思いました。

以前は燃費が悪くても安全性の方を重視していました。
そのため、維持費が高くても、軽自動車よりも普通車を選んでいました。

さらに国産よりも安全な外車を選んだこともありました。
車に長年乗っていると、どうしてもいろいろな欲が出てきてしまうものです。

自分の今の経済状態をしっかりと考えた上での決断なら良いのですが、私の場合はそれがかなり甘いこところがありました。

特に私が購入した外車は今まで廼っていた国産車とは違い、予想以上に維持費がかかってしまいました。
おそらくそういった予想外のメンテナンス費用がかかってしまったのは、単に運が悪かっただけなのかもしれません。

新たに車を購入する時、そうした維持費の面もきちんと考え、ある程度余裕を持った買い方をしたほうが良いと思いました。
そうでないと、本当に車貧乏になってしまうと思いました。

外車を購入した数年間は無料メンテナンスサービスが付いていたので良かったのですが、それ以降はそのサービス期間が終わって、メンテナンス費用がかなりかかるようになりました。

さらに運悪く、メンテナンスサービス期間が終わったと同時に、車のいろいろな部分が壊れてきました。
その為、予想外の大きな出費となってしまいました。

この苦い経験から、車選びは慎重に行いたいと、肝に銘じました。